KABAstar NEO6600H

インテグラルロック(ドアノブの真ん中に鍵穴がある錠前)としては、最上級の防犯性能を誇るKABAstar NEO6600。

 

 

ここでは、その6600の魅力についてお話させていただきます。

ドアノブの真ん中に鍵穴がある錠前をインテグラルロックまたは、インテグラ錠と呼びます。

 

 

このインテグラルロック、レバーハンドルの錠前に比べると、実はパイプレンチでの破壊に対して少し弱いのです。

 

 

 

 

 

 

どれほど弱いのかの例え話として、美和ロックのインテグラルロックHMの事をお話させて頂きます。

 

 

HMは過去、マンションや一部の住宅の玄関、事務所の入口などで、幅広く採用されておりました。

 

 

玄関用として数多く使用されてきたにも関わらず、現在では、カタログのHMのページに、

 

”内部扉専用錠です”

 

などといった注意書きが書かれる始末。

 

 

 

このように、パイプレンチによる破壊に対して少し弱いと、メーカーも認識しているわけです。

 

 

もちろん、ピッキングなどと違って、パイプレンチを使って破壊されるなどと言った事例は、そんなに多くはありませんが、インテグラルロックはパイプレンチで破壊されてしまう可能性が、少なからず存在します。

 

 

 

そこで、カバスターネオ6600Hの登場です。

 

 

 

この6600Hは、なんとパイプレンチによる破壊に対応しているのです。

 

 

 

ローズと呼ばれる首の部分が特殊な形状であるため、パイプレンチで挟むことが困難となっております。

 

 

もちろん形状が特殊と言うだけではありません。

 

 

金属がふんだんに使われているため、とにかく頑丈です。

 

 

薄っぺらなステンレスで形成された一般的なドアノブと比べれば、その差は歴然です。

 

 

鍵交換用ドアノブカバスターネオ6600の凄さ

ドアノブを裏から見た所。

 

 

左側がWロック、右側がカバスターネオ6600Hです。

アルファ 鍵交換用玉座Wロック

↑こちらは、Wロックをアップで写した所です。

カバスターネオ鍵交換用玉座6600H

↑そしてこちらがKABAstar NEO6600Hです。

 

 

Wロックに比べると、6600Hの方が、焼入れ鋼やステンレスなどの金属がふんだんに使用され、分厚くなっているのがお分かりいただけますでしょうか。

 

 

(ここでは一般的なドアノブの代表として、Wロックの写真を使用しましたが、他社のドアノブも、このWロックと似通ったものです。)

 

 

このように6600Hは、インテグラルロックの弱点であるパイプレンチによる破壊に対し、見事なまでの対策が施されております。

 

 

 

また、強いのはパイプレンチによる破壊に対してだけではありません。

 

 

 

6600Hは、鍵交換用ドアノブとしては、ほとんど唯一と言っていいと思いますが、我が国の防犯基準の最高レベルである、対鍵穴壊し性能10分以上をクリアしております。

 

 

 

もちろん、内蔵されているシリンダーはカバスターネオですから、対ピッキング性能も同じく10分以上をクリアしている上、鍵は完全登録制となっており、知らぬ間に合鍵が増えている心配は全くありません。

 

 

鍵としてのカバスターネオの特徴については、説明が長くなるので、取替え用シリンダーKABAstar NEOのページをご参照下さい。

 

 

 

取替え用玉座として最上級の安全性能を誇るKABAstar NEO6600H、当店の一押しです。

 

 

出張料・工事費込みで、26000円(税別)です。

 

 

※カギの救助隊福岡独自の24ヶ月有効の保証書付き

 

カギの救助隊福岡電話番号一覧