カギの救助隊福岡南本店に猫の仲間が増えました

 

今更ではありますが、カギの救助隊福岡南本店に、新たに猫が増えました。

 

 

先住猫の花子は、最初一ヶ月くらいは新入り猫とそりが合わず拒否をしていましたが、今では随分と打ち解けてくれました。

 

 

 

福岡南本店の先住猫の花子の写真
先住猫の花子


顔を合わせるたびに、花子の方が、



フーーーー!!



とか、




シャーーーー!!



とか言って大変でしたが、今では一緒にいることも多くなって来ました。




新しい猫の民(タミ)が来ました



新しい猫は、もともと、鍵交換にお伺いをしたお客様が、保護したそうなのですが、そこの家はご高齢のひとり暮らしのため、飼うことが出来ないと言う事で、こちらにやって来ました。



名前は、民(タミ)と言います。



最初に保護したおばあさんの名前だそうです。




福岡南本店に新しく来た猫の民の写真
新しく来た猫の民


「うちは、高齢のひとり暮らしなので、飼ってあげることが出来ないの。



誰か飼ってくださる方がいたら、紹介してくださらない?」



と、お客様に言われた時、随分と迷いましたが、



忙しくて、誰もいない時、花子はいつも一人(一匹)でいるしなぁー



花子に友達が出来たら、お互い良いかなー



と思い、引き取る事にしました。



ただ、先方の提案で、もし万が一この民が病気を持っていて、先住猫の花子に伝染したりしたら大変だから、先方の方で一ヶ月程飼育し、猫エイズなどの検査が出来るようになったら検査をして、陰性だったら引き取ると言う事になりました。




そりが合わない二匹

 

このような話し合いがあった一ヶ月後、動物病院での検査の結果、陰性だったので無事に引き取る事になりました。

 

初めて民に対面した花子は、見知らぬ生物に対し、恐怖心を抱いているのか、ビクビクしてました。


民の方は、子猫なので、そんな事は御構い無しに、新しい場所に興味津々で歩き回ります。



そして、花子にも近づいて行きます。



が、花子の方は、完全に拒絶反応を示し、これまで聞いたことのないような声で、



フーーー!!



と、言って怒ります。



どうしても怒りが収まらないので、どうしようかと困り、ネットで検索してみると、どうやら新しく猫を増やす時は、一週間から数ヶ月の間、先住猫とは隔離して飼育しないといけないと言う情報を発見しました。

 

そこで、一週間ほど隔離して飼育してみました。



一週間後、対面させたのですが、やはり花子は怒ります。



そればかりでなく、私に


「なんでこんな猫を連れてきたんやー!」



と言わんばかりに八つ当たりをして来ます。



何回花子に引っ掻かれ、流血したかわかりません。



普段おっとりしてる花子が、こんなに変わるとは・・・



新入り猫の民は民の方で、気性が荒く、花子にも私にも飛び掛ってきたり、




ウーーーー!!



と唸って威嚇してきたりして来ます。



どうしたものかと気が滅入ります。






ようやく仲が良くなり始めた二匹



こうして、顔を合わせるとお互い威嚇し合っている二匹なので、随分と気をもみましたが



(そのうち仲が良くなるかもしれない



かえって放ったらかしの方が良いかもしれない)



と思い、気にしない事にしました。



そして一ヶ月が経ち、民はすくすくと大きくなり、少しずつ変化が出てきました。



新入り猫の民の写真



まだ仲が良くはないものの、花子の方は顔を合わせても威嚇しないようになりました。




そして気がついたら、二匹が同じ空間にいるようになりました。






最近では、取っ組み合いを良くするものの、以前のように威嚇したり、怒ったりと言う事が少なくなってきました。



そんな感じで、随分と仲も良くなり始めたので、先日のお盆、実家に帰省するときに、二匹とも一緒に連れて帰りました。



一説によると、猫は一匹でも生きていける生物なので、三日くらいならどこかに預けるより、お留守番をさせた方が良いそうです。



ですが、三日以上不在になるのと、何かあってもすぐに帰れる距離ではないので不安なので連れて行きました。



道中、喧嘩をするかなと思いましたが、ちょっと喧嘩をしたくらいで、あとは仲良くやっていたので助かりました。






新しい猫が増えるのは、良いことですが大変です


民が来てから、今日で約一月半。



最初あんなに拒絶反応をしていたのが嘘のように、二匹の関係もずいぶんと良くなって来ました。



花子は、以前のようにおっとりした性格に戻り、気性の荒かった民も、ずいぶんと性格は穏やかになりました。



民はまだまだ子猫なので、行動の方はずいぶんと活発で、走り回っていて、かなりうるさいですが。



それにしても、まだまだ二匹が仲が良いのかどうかわかりません。



相変わらず取っ組み合いをするのですが、以前のように、どちらかが怒るまで取っ組み合いを続ける事は少なくなりました。


が、喧嘩をして取っ組み合いをしてるのか、戯れあって取っ組み合いをしてるのか、まだまだ微妙な感じです。



花子が一匹だけなので、寂しくて可哀想だろうと思い、新しく猫を増やしましたが、最初あまりにも拒絶反応を示すので調べてみたら、



(猫は一匹でも生きていける生物なので、ソリの合わない猫が来るくらいなら、一匹の方が良い


一匹だけだと可哀想だろうと思うのは、人間の考えである)


と、言うのを見つけてしまったと思ったりしました。



が、ここで自分が民を引き取って保護しないと、民は生きていけなかったかもしれない。



と、思って自分を納得させたりしました。



二匹の関係について、色々と悩んだりしましたが、ここの所ずいぶん打ち解けてくれて、肩の荷がおりました。



新しい猫が増えるのは、良いことだけど、大変です。



トイレ掃除も、以前より頻繁に行わなければならないし、餌の消費量もかなり増えました。



そんなことお構いなしに、民は相変わらず走り回っております。



まぁ、二匹の猫が幸せならそれで良いのですが。



そんな福岡南本店ですが、ただいま秋の引越しのシーズンで、鍵交換などの出張工事の依頼が立て込んでいて、営業時間中は、ほとんど不在となっております。



皆様には、店で直接花子と民をお見せする機会がしばらくありませんが、また何か変化があったら書こうかと思います。