いたずら防止の為、トイレに鍵を取り付ける

先日、レンタルビデオの会社様からご依頼を頂き、福岡市内にある一つの店舗のトイレに、鍵を取り付けてまいりました。




なんでも、そこは24時間営業で、夜中になると、中でこもったり、イタズラをしたりと言う困った人がいるため、夜間は鍵を掛けたいとの事でした。



まずはお客様のニーズをお聞きして、錠前の選定


現場に着いて、まず最初に行う事は、とにかくお客様の話をお聞きすることです。



お客様の求めている錠前とはどんなものか、それを聞いていきます。



とは言え、お客様から、こんなタイプの錠前が欲しいと、明確に言われる事はほとんどありませんので、こちらでお客様のニーズをお聞きして、


それなら、こんな錠前はいかがですか?



と、ご提案いたします。



最初漠然としていたイメージを、どんどんと明確にしていくような感じです。




お客様のニーズ

 

さて、今回お客様からのご要望を要約すると以下の通りでした。

 

 

・深夜の時間帯のみ、トイレに外側から鍵をかけたい


(深夜に中でこもったりいたずらしたりする人がいるため)


・あまり目立たない方が良い


・価格はそこそこかかっても良い


・強度は、玄関などではないので、そこまで強くなくて良い


(強度よりも見た目重視で)


・男性用と女性用のどちらのトイレにも鍵をかけたい。なおかつ両方共同じ鍵で開け閉めしたい



お客様は、こんな条件を満たす物がもしあればすぐにでも工事して欲しいなぁと言った感じでした。



ちなみに扉は、ドアではなく、横にスライドして開ける引戸です。


今回選定し、提案した錠前のポイント

そこで私は、以下のような提案をさせて頂きました。



・外側からは鍵がかけれるが、内側には、サムターン(つまみ)や鍵穴がない錠前


(内側から鍵を掛けられてしまう事を防ぐ)


・鍵穴が小さく、目立ちにくいもの


・玄関用よりは強度が多少低いが、価格も抑えれる


・耐久性がしっかりある


(数年で壊れてしまう某メーカーの安物ではないもの)



と言った感じの提案です。



「こんな性質の錠前がありますがいかがですか?」



と美和ロック社製の引戸錠SLを提案したところ



「内側から鍵が掛けれない錠前もあるのですね。



知りませんでした。



その錠前を是非取り付けて欲しい」



と即決して下さり、工事の日程を組みました。



こちらの美和ロック引戸錠SLですが、玄関用に比べて、防犯強度が少し低いとは言え、マンションの駐輪場などでも使用されているしっかりしたものです。



両方の扉に一気に施工


さて、今回は、男性用と女性用、それぞれのトイレの扉に、施工を行なったわけですが、通常お客様トイレに施工する時は、お店のオープン前もしくはオープン後の、営業時間外に工事を行うのですが、ここのお店は24時間営業のため、客足の少ない曜日、時間帯を狙って工事いたしました。




さらに、イレギュラーなのは、通常なら、一つの扉に鍵の取り付けを終えてから、もうひとつの扉に施工をした方が効率が良いのでそのようにするのですが、24時間営業のこの店ではその方法をすると却って効率が悪くなってしまうので、その方法が使えません。



なぜなら、施工中のトイレの方にお客様が入ってしまうと、作業を中断せねばならないからです。



そこで今回は、男性用トイレの扉にドリルで穴あけをしたら、次に女性用の扉にドリルで穴あけ



ノミで彫り込む作業をしたら、もうひとつのドアにもノミで彫り込みを



トリマーで溝を作ったら、同じくトリマーで溝を作る



と言った感じで、同じ作業を連続して一気に行いました。



そうすることで、片方のトイレが使用中になった時は、もう片方の扉に施行する事が出来、待ち時間が発生せずに済みます。



さすがに両方のトイレが一気に使用中になることがなかったので助かりました。




いよいよ施工に入ります



こうしていよいよ施工工事に入って行きます。




まずはこちらが鍵を取り付ける前の扉の施工前写真です。



施工前の写真


養生テープを貼り付けたあとの写真ですが、この写真しかなかったもので・・・



こちらの扉は、最初に書いた通り、押したり引いたりするドアではなく、横にスライドして開ける引戸です。



写真は男性用トイレの引戸ですが、隣にある女性用トイレも全く同じ扉です。



施工中の写真と完成後の写真


さて、ここからは、施工中の写真と完成後の写真を載せていきます。



ただ、こちらの店舗様は、客足の少ない時間とは言え、ひっきりなしにお客様が来店されるので、ゆっくりと作業をしている余裕がなく、写真も少ないのでご了承ください。




施工中の写真。ノミとトリマーで彫り込み穴を開けたところ


上の写真が実際に穴を開けたところの写真です。




手前が女性用トイレの引戸、奥が男性用です。




ドリルにギムネと言う木工用の錐を付けて穴を開け、マルチツールとノミで、錠前の彫り込み穴を開けました。


(黒っぽくなっている穴の部分)


錠前のフロントと言う部分が埋まるところは、トリマーとノミを使い、溝を彫りました。


(白ぽっくなっている部分)



男性用と女性用の扉に同じ作業を連続して行いました。




そしてこちらが、実際に錠前を彫り込み、鍵穴を取り付けた所です。



やはり、男性用・女性用と入れ込む作業を連続して行っています。





こちらが鍵穴の写真です。



鍵穴は小さめで、目立ちにくい物になっています。





上は、施工前と施工後の写真を並べたものです。



違和感なく取り付けが出来たのではないかと思います。




サービスで水道の修理


施工をしようとした時、男性用トイレの手洗い台の排水口が詰まっているとのことで、お店のスタッフの人が、一生懸命詰まりを取ろうと悪戦苦闘していました。



鍵の取付工事中も、色々な人が、代わる代わる来て、悪戦苦闘をしていました。



しかし、詰まりは全く解消されていませんでした。



全然解消されない状況を見兼ねたので、



「私が工事のついでにやりましょう」



と、サービスで詰まりを取ってあげました。




修理後の手洗い台


実際に詰まっている時の写真はグロいのでありません。



こちらは詰まりを解消したあとの写真です。




トイレに鍵を付けて正解かもしれません


実はこちらの手洗い台の詰まりを解消し、排水口のパイプを洗浄したら出るは出るは・・・



タバコの吸殻やら、ガムやらなんやらかんやら・・・



おそらく一日で入った量ではなさそうです。



何日も前から、色々な人が、いたずらで中に詰めて行ったようです。



タバコの吸殻が大量にありましたが、夜中にこちらのお店のトイレで、何者かが喫煙していたと言う事でしょうか。



ここ福岡市でも、確かに喫煙出来る場所は少なくなってきたとは言え、一階の外には、同ビル内にあるコンビニが設置している灰皿があるにも関わらず、なぜこの場所で喫煙したのか。



さらに排水口に吸殻を捨てていったのか。



何とも身勝手な人物ですね。




このお店では、やはり夜間鍵を掛けるようにして正解かもしれないなと思いました。




施工時間・金額など


さて、今回取り付け工事をさせて頂いた、美和ロック製の引戸錠SLですが、



木扉に二箇所施工の部品代工事費・鍵を2個同一にする装置料など全部込みで35000円(税別)でした。



金額は、扉の材質や形状・枠の材質や形状によって多少の前後があります。



また、同じような状況でも、選定する錠前が違ったりすると、金額に相違が出ますので、あくまで参考程度にお考え下さい。




なお、工事に要した時間ですが、途中水道の修理などをした影響もあったり、施工中お客様が使用されたりなどの影響もあって、たっぷり5時間要しました。




もし、お店などで、トイレへのいたずらなどでお困りなら、今回のように夜間などのある一定の時間帯鍵を掛けるようにしたり、トイレ使用の際だけ鍵を開けてあげるシステムにすると、解消されるかもしれません。




トイレなどに鍵を追加したいなと思ったら、まずはお気軽にカギの救助隊福岡へお問合わせ下さい。



カギの救助隊福岡の電話番号一覧