サムラッチ錠からデジタルロックへの取替

 

ここでは、サムラッチ錠(装飾錠とも呼ばれます)を、デジタルロックへ取り替える作業の施工例をご紹介します。

 

 

サムラッチ錠は、装飾が施されている関係上高額な物が多く、今回のお客様は、

 

 

どうせ取り替えるなら、鍵を持たずに外出が出来る、デジタルロックにしたい

 

 

と言ったご要望でしたので、デジタルロックV100を提案させて頂き、施工いたしました。

 

 

 

以下に、作業内容を載せていきたいと思います。

 

 

サムラッチ錠とデジタルロックの説明

サムラッチ錠の写真

 

今回取り外すサムラッチ錠の写真

 

 

ここ最近、新築物件ではほとんど採用されていないサムラッチ錠。

 

 

別名装飾錠と言われ、各メーカーが様々な模様の物を作成し、美しくはあるのですが、親指で操作する独特のスタイルは、人によっては使いづらく感じてしまう錠前です。

 

 

これを取り外し、使いやすいレバーハンドルタイプのデジタルロックへ取替します。

 

 

今回取り付けするデジタルロック V100

 

 

暗証番号で鍵の開け閉めが出来るのはもちろんのこと、交通系ICカードでの鍵の操作も可能です。

 

 

他のデジタルロックシリーズのように補助錠タイプなのに対し、こちらは主錠タイプとなっているため、外観上、玄関の錠前は一個でまとめたいと言う場合におすすめです。

工事内容の紹介

 

 

さて、今回工事するのはこちらのドアです。

 

 

木製の立派な扉に、装飾の施された鉄製の枠のあるお家でした。

 

 

 

施工前のサムラッチ錠のついたドア

 

 

錠前部分の拡大写真が下の写真。

 

 

主錠としてサムラッチ錠と、上に補助錠として、暗証番号のボタンを押して鍵を操作する、メカニカルなロックがつけられています。

 

 

 

施工前のドアの拡大写真

 

 

この上に取り付けられている暗証番号式のロックは壊れていて、鍵が正常に開閉出来ないとのことで、今回は取り外すことになりました。

 

 

 

施工前のドアの室内側からの写真

 

 

上の写真は、室内側から撮ったものです。

 

 

これらの錠前を取り外し、デジタルロック用の取り付け穴を追加で開けていきます。

 

 

 

施工中のドア

 

 

補助錠で付いていた暗証番号式のロックの穴は不要で、しかもデジタルロックの本体では隠せない位置にあるため、空きっぱなしになってしまいます。

 

 

 

そのため、鉄のように硬くなるパテを使い穴を埋めます。

 

 

レクターシールなどの商品名で売られているこの種類のパテは、効果後穴あけ加工が出来たり、塗装が出来たりするので、非常に重宝します。

 

 

もちろん、硬くなると言う事は、簡単に取り外せないという事なので、防犯上も良いですし。

 

 

パテは硬化後、サンダと言う工具で、平らに研磨しました。

 

 

そして、デジタルロックV100を取り付けた施工後写真が下の物です。

 

 

 

 

デジタルロック取り付け 施工後の写真
デジタルロック V100 屋外側

 

 

黒い操作盤のところに、白い絵が書いてありますが、これは保護シールです。

 

 

お客様に引き渡したあとは当然の事ながら剥がします。

 

 

剥がしたあとは、テンキーの青い数字が光って浮かび上がります。

 

 

デジタルロックV100 室内側

 

 

上の写真は室内側から撮った写真です。

 

 

 

他のデジタルロックシリーズと同じく、自動施錠(ドアを閉めると自動的に鍵が掛かる)と手動施錠がボタン一つで切り替えられます。

 

 

室内側から鍵を開けるときは、レバーハンドルを下に下げるだけなので、非常に使いやすいです。

 

 

 

作業料金と工事内容のまとめ

 

 

こちらのお家の場合で料金は、部品代・作業料金・福岡地区への出張料を含めて60000円(税別)でした。

 

 

木扉の場合、概ねその金額で取り付けが可能です。

 

 

 

また鉄製の扉でも、扉の中に彫り込む錠ケースが、軽い加工で入る場合はこの金額でOKですが、錠ケースを扉内に入れ込むために大掛かりな加工が必要な場合は、別途作業料金が3000円~5000円ほど掛かることもあります。

 

 

工事に要する時間はここで紹介したような、標準的な工事で2時間前後。

 

 

加工が難工事になる場合は、プラス1~2時間ほど掛かります。

 

 

 

デジタルロックに変更すれば、鍵を持たずに外出が出来ます。

 

 

 

今使っている鍵や錠前が故障し、新しく取り替える際には、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

カギの救助隊福岡の電話番号一覧