使いにくい玄関の鍵をレバーハンドルに

今回のご依頼は、

 

 

「うちの子供はまだ小さく、玄関の鍵が使いにくいと言っているので、何とかなりませんか?」

 

 

と言う内容でした。

 

 

 

こちらのお家の玄関には、サムラッチ錠(装飾錠とも呼ばれます)が使われておりました。

 

 

 

玄関の鍵サムラッチ錠全体写真
玄関の鍵サムラッチ錠

 

 

サムラッチ錠と言うのは、親指(英語でサム)でラッチを動かす錠前です。

 

 

 

そのため、大人の方は、何の苦もなく操作が出来るのですが、小さなお子様には操作をすることが難しいようです。

 

 

 

このように、もともと操作が難しいのに、錠前の内部の偏摩耗が進んでいて、親指で押さえるのに、力が必要な状態となっておりました。

 

 

 

これでは、この家の、お嬢様(小学校就学前)のお力で錠前を操作し、ドアを開けるのは困難です。

 

 

 

 

 

玄関の鍵サムラッチ錠内側

 

 

このお家は、外側がサムラッチ錠ですが、内側はレバーハンドルになっておりました。

 

 

 

そこで、この家のお嬢様に

 

 

 

「外側もレバーハンドルだったら使いやすいですか?」

 

 

 

と、聞くと、

 

 

 

「外側もレバーハンドルが良い」

 

 

 

との答えが。

 

 

 

ご両親も、

 

 

 

「娘がそう言うなら、レバーハンドルに切り替えて下さい。

 

 

ついでに、小さな子供でも使いやすいように、リバーシブルの鍵を取り付けて欲しい」

 

 

 

と、おっしゃられましたので、錠前本体を新しいレバーハンドル錠に切り替える事となりました。

 

 

 

様々なサンプルやカタログをお見せした所、お嬢様のご希望で、金色のレバーハンドルとシリンダーにすることが決定いたしました。

 

 

 

 

サムラッチ錠は、切り欠き穴が大きく、取り外すと穴がたくさん出てきます。

 

 

 

その為、個々のドアに合わせ、切り欠き隠しプレートを作成し、新しい錠前を彫り込みます。

 

 

 

玄関の鍵をレバーハンドルへ1

 

 

こちらが切り替えた後です。

 

 

 

美和ロックのLAと言う錠前本体を使用しました。

 

 

 

 

レバーハンドルは、たくさんの材質・形状・色合いの中から選択が出来るのですが、ご両親の希望で、子供が角で頭をぶつけても怪我をしないようにということで、この形の物が選択されました。

 

 

 

 

玄関の鍵をレバーハンドルへimg2

鍵穴は、お子様でも使いやすいリバーシブル構造を持ち、鍵の抜き差しが軽い、チェンジングロックを選択いたしました。

 

 

 

(チェンジングロックは防犯性能が良い上、とても使いやすくおすすめでしたが、メーカーの企業規模縮小のため、現在は廃盤が決定しております。

 

 

今現在は、同等の性能と使い勝手を持つ、KABA ACEをおすすめ致します。)

 

玄関の鍵をレバーハンドルに室内側

 

 

こちらが室内側から見た写真です。

 

 

玄関の鍵レバーハンドル全体写真

写真はドアの全体図です。

 

 

 

この家の場合、もともと2ロックだったのですが、上の方はそのままで、下の防犯性能を上げたいと言うことで、今回は下だけの工事となりました。

 

 

 

こう言ったレバーハンドルへの切り替え工事は、ドアの材質や現在の切り欠き穴の位置や大きさで金額が多少前後します。

 

 

 

また、レバーハンドルは材質や仕上げ、デザインで金額が大きく異なることから、その都度お見積もりとなります。

 

 

 

今回の工事内容の場合、チェンジングロック18000円(鍵6本付き・シリンダーゴールド色加算料込)を含んだ総額で37500円(税抜き)です。

 

 

こちらのご家庭の場合、小学校就学前のお嬢様がおられましたので、子育て応援パスポートのご提示により、消費税分はサービスさせて頂きました。

 

 

 

カギの救助隊福岡では、通常の鍵交換工事以外にも、様々な工事に対応致しております。

 

 

 

うちの玄関の鍵を、こんな風にしたいな、などのご希望がございましたら、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

☎ 0120-69-1904

 

話中の時は福岡南本店

☎ 092-557-8869 までお願いいたします

 

 

 

 

 

カギの救助隊福岡電話番号一覧