円筒錠(ボタン錠)をドアノブ式の鍵に

円筒錠(ボタン錠)の全体写真

 

玄関用の鍵としては、今やあまり見かけなくなった円筒錠。

 

 

別名ボタン錠とも言われ、内側のボタンを押してドアを閉めると鍵が掛かるという方式の錠前です。

 

 

防犯レベルが低い上、玄関用として使うには使い勝手が悪いため、敬遠されることが多い錠前でもあります。

 

 

今回はそんな円筒錠を、通常のドアノブ式の鍵であるインテグラルロックへ取り替える工事を紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

今回取り替える円筒錠の説明

円筒錠(ボタン錠)の室内側の写真

 

 

上記の写真が、今回工事をさせていただくお家に付いている円筒錠を、室内側から写したものです。

 

 

別名ボタン錠と呼ばれるとおり、室内側にはボタンが付いています。

 

 

この円筒錠の鍵の掛け方は独特で、最初鍵の掛け方がわからない方もおられます。

 

 

室内にいる時に鍵を掛けるのはボタンを押すだけなので簡単なのですが、問題は外出時です。

 

 

外出時にどのように施錠をするかと言えば、やり方は以下の通りです。

 

 

まずはドアを開け外に出ます、指で内側のボタンを押し、そのままドアを閉めると施錠されます。

 

 

通常の錠前のように、鍵を使って施錠をする事は出来ません。

 

 

その為、うっかり鍵を持たないままボタンを押してドアを閉めてしまったなら、もう家の中には入れません。

 

 

毎日円筒錠の鍵を使っておられる方でも、急いでいたり疲れていたりした時には、うっかりと締め出しを食らったりします。

 

 

本当に不便です。

 

 

円筒錠(ボタン錠)の室外側の写真

 

写真は室外側の鍵穴部分。

 

 

多くの場合、円筒錠の鍵穴は、ピッキング対策されていない物が使われています。

 

 

こちらの鍵穴もその一つで、ピッキングをすればわずか数十秒で解錠出来てしまいます。

 

 

例外は、ホテルでホテルロックとして使われている場合や、マンションの階段室などの共用部で使われている場合です。

 

 

これらの部位に関しては同じ円筒錠でも、もっとがっちりとして強度の高い高価なタイプのものが使用されていて、ピッキング対策もされていたりします。

 

 

 

しかしながら、アパートや戸建の勝手口で使われているものは、防犯レベルが低いものと考えて良いでしょう。

 

 

 

インテグラルロックへ切り替え

 

 

そこで今回は、円筒錠からインテグラルロックへ切り替えていきます。

 

 

本当はこちらのお家のように円筒錠が付いている場合、インテグラルロックへ切り替える以外にも、円筒錠を空錠(鍵穴がないただのドアノブ)に替えた上で、防犯上優れた面付本締錠を取り付けたりなど、色々な方法があります。

 

 

が、今回のお家は賃貸のアパートであるため、外観をあまり変えてはいけないと言う制約がありましたので、円筒錠に外観が似ているインテグラルロックへの取替えとなりました。

 

 

 

インテグラルロックMIWA HM

 

画像は、インテグラルロックの説明のため、美和ロックのWebカタログよりHMの画像を載せました。

 

 

ちなみに美和ロックでは、インテグラルロックと言う呼び名ではなく、デッドロック付きモノロックと呼びます。

 

 

 

切り替え工事の写真

 

さて、ここからはいよいよ円筒錠から、インテグラルロックへの切り替え工事例の写真を載せていきます。

 

 

 

円筒錠(ボタン錠)の切り欠き穴

 

 

まず、上の写真ですが、こちらは円筒錠をドアから取り外した後の写真です。

 

 

 

インテグラルロックの方がケースが大きいのでこのままではドアに入りません。

 

 

そこでケースを彫り込むために穴を広げたところが下の写真です。

 

 

ドアノブ式の鍵(インテグラルロック)の切り欠き穴

 

 

随分広げたことがおわかりいただけるかと思います。

 

 

 

 

そして実際に錠前を放り込んだ後の写真が以下のものです。

 

 

 

インテグラルロックを取り付けた後の写真

 

 

こちらは室外側。

 

 

 

ドアノブ式の鍵(インテグラルロック)のラッチ部分の写真

 

 

そしてこちらは室内側です。

 

 

ボタンではなく、通常のサムターンに変わっております。

 

 

もちろん、外から施錠するときは、鍵を使って施錠する普通の方式に変わっております。

 

 

これで防犯上の性能も上がり、鍵を詰め込んで締め出しを喰らう心配もなくなりました。

 

 

工事の費用など

 

 

さて工事の費用ですが、円筒錠からインテグラルロックへ切り替える場合、お客様が選択するケースのメーカーとドアの材質によって変わりますが、概ねお選び頂いたドアノブの金額に、ケース本体の金額と彫り込み工事費8000円~10000円(税別)をプラスした金額が、お支払い総額となります。

 

 

 

ちなみに今回の紹介させていただいたお家の場合、ドアノブが一般的な鍵のタイプの10000円の分に、ケース本体と工事費の8000円をプラスした18000円(税別)でした。

 

 

 

ドアノブには防犯性能や握り心地、そして金額など様々ありますので、詳しくは

ドアノブ式の鍵交換

のページをご覧下さい。

 

 

ドアによっては今回のような工事が最適ではない場合や、取替え工事自体が出来ない場合もございますので、何かご不明な点などがございましたら、お気軽にカギの救助隊福岡へお問い合わせ下さい。

 

 

 

鍵の救助隊福岡の電話番号一覧