美和ロック MIWA EC

MIWA EC

国内最王手の鍵メーカー美和ロックが、ディスクシリンダーを発売した経緯について、以前お話をさせて頂きました。

 

 

ディスクシリンダーがリリースされた数年後、更なる防犯性能を目指して開発されたのが、こちらのMIWA ECシリンダーです。

 

 

一部の戸建て住宅と、公団住宅で採用されました。

 

 

 

特徴としては、鍵の両側面に、磁石が埋め込まれていることです。

 

 

 

その為、横から見ると、黒いブツブツが見えます。

 

 

磁石なので、ピッキングなども出来ず、当時としては防犯性能は高いシリンダーでした。

 

 

ただ、製造コストが高く、あまり普及しなかったのではないでしょうか。

 

 

 

福岡市内では、早良区の福浜団地や南区の弥永団地・屋形原団地、県営千代住宅などの一部のお部屋に現存しているだけです。

 

 

 

・不正な合鍵

 

このMIWA EC、確かにピッキングは出来ないものではありますが、欠点もあります。

 

 

それは、磁石を探知されてしまえば、鍵穴から不正に合鍵が作られてしまうと言うことです。

 

 

もちろん、このECシリンダーが発売された当初は、そのような探知する機械も存在しなかったのですが、泥棒と鍵の進化はいたちごっこ。

 

 

後年になって、探知する機械が作られてしまいました。

 

 

このように、ECはピッキングには強い、しかし磁石の位置を探知されると簡単に解除出来てしまうため、結局は弱いと言われるようになりました。

 

 

そこで、後年美和ロックは、さらに防犯性能を上げるため、俗に言うXECと言うシリンダーの開発に取り組みました。

 

 

 

ECをさらに進化させた鍵、MIWA XECの説明は下にあるリンクからご覧下さい。

 

 

MIWA XECのページ

 

鍵交換の料金表

鍵交換用シリンダーについてさらに詳しく調べますか

カギの救助隊福岡電話番号一覧