· 

カギの救助隊福岡所有のマンションの修繕(水周り編)

カギの救助隊福岡では、たくさんのアパート・マンション経営をされている個人オーナー様、そしてたくさんの不動産業者様が、顧客におられます。

そんな顧客の皆様のお役にたてるよう、鍵交換のときには必ず、そのままだと将来ご入居者様からクレームが起こりそうな箇所を診断し、中程度くらいの作業なら、サービスで修繕を行っています。

 

これまでは、このようなクレームが起こりそうだなと言うのを想像しながら診断をし、修繕をしていたのですが、さらに顧客の皆様のお役にたてる鍵屋になるには、実際にオーナー様や、不動産業者様が感じている問題点や、どのようなクレームが起こりうるかについて、肌で感じれるようにならねばならないと思い、ある時から、マンション経営を始めました。

カギの救助隊福岡所有のマンションの内観
カギの救助隊福岡が賃貸用に所有しているマンション

入居者の退去、そして修繕作業

先日、そのカギの救助隊福岡で所有しているマンションに退去が出ました。

長く住んで頂いていたので心から感謝するとともに、次に入る入居者様に、長く快適に住んで頂けるよう、修繕すべき点をチェックしました。

その結果、トイレと手洗い場の水回りに、軽い水漏れが見つかったので、修繕をすることとなりました。

 

水漏れと言っても、手洗いの水栓の水が、ユニットバスの排水溝に向けてわかるかわからないかという程度で軽く滴り落ちている状況であり、またトイレの方も、ボールタップのパッキンが悪くなっていて、これまた分かるか分からないかと言う程度微妙にタンク内に水が流れているという状況で、問題なく使えると言えば使える状況でしたが、修繕をする事にしました。

ボールタップの取替え

ユニットバスのトイレのタンク
ユニットバスのトイレのタンク

今回水漏れ音がしていたのはこのユニットバスのところにあるトイレのタンク(名前は知りません・・・)

耳を澄ますと、補水管から時折水が滴り落ちているのが聞こえる状態。

ボールタップのパッキンが悪く、水が完全に止まり切っていないようでした。

 

ここから、問題のボールタップを取り外したのですが、このタンク、手が入りずらく、非常に外すのが大変でした。

下の方の狭い隙間から手を入れて、全ての部品を外して、ようやく外れました。

今回取り替えるボールタップ
トイレのボールタップの写真

上の写真が問題のボールタップ。

本来なら、悪くなっているパッキンだけを取り替えれば良いのでしょうが、部品があるのかどうか分からないし、早く対応したかったので、今回は丸ごと取替え。

ボールタップの新旧写真
左が古いボールタップ。右が今回取り替える新しいもの。

今回は、何かあった時、部品を容易に手に入れる事の出来るメーカーの物に取替えました。

丸ごと取り替えた方が、この先長く安心して使えますし。

せっかく入ってくれた入居者さんが、何の不安も感じることなくトイレを使えるようにすることも、オーナーとしての責任ですかね。

 

ついでに、見えてる配管の全てのパッキンも取替えました。

配管の写真
配管が何本もあり、継ぎ目継ぎ目にパッキンが入っている。
パッキンの写真。
パッキンの写真。

今回、ついでに見えてる配管の全てのパッキンを取り替えましたが、取り替えて本当に正解でした。

と言うのは全てのゴム製のパッキンが、硬化してパキパキになっていました。このままだと、早かれ遅かれ漏れていたでしょうね。

混合水栓の取替え

さて、トイレの水回りの修繕が終わったので、続いて混合水栓の取替えに移りました。

 

こここそ、悪くなった部品だけ替えれば良いのですが、どうせならもうちょっと格好良いものに替えたかったので。

(自分たちが住むわけではないのですが、なんか格好悪くて、どうしても替えたかったのです。)

古い混合水栓の写真
古い混合水栓の写真。どことなく古さと格好悪さがある。

実は、この混合水栓も手の入りにくい奥まったところに取り付けのナットがあったりして、外すのにとても苦労しました。

奥まったところのため、写真も撮れませんでした。

新しい混合水栓の写真
取り替えた新しい混合水栓

そして、新しい混合水栓に交換が無事に完了しました。

あとは、清掃をして終わりです。

他の水道工事屋さんに頼んでいたら・・・(まとめ)

実は今回、このマンションを管理してくれている管理会社の担当者さんが、水漏れ個所について、水道工事店に見積りを取っていたようです。

ただ、金額を聞くとびっくりするくらい高額でした。

しかも、替える必要のない混合水栓を、丸ごと取替えと言う事で、見積りに入れてたりして。しかも、今と同じ程度の格好悪い部品で。

 

逆に、今回私どもが取り替えた、見える配管全てのパッキンは取替えしてくれなくて、取替えはまた別途料金・・・

高額でも、わたしどもカギの救助隊福岡が、鍵交換をするときのように、技術者として誇りを持って、丁寧に作業してくれるならまだ頼む価値はありますが、そうかどうかも分からない状況でしたので、自分たちですることにしました。

 

それに、実は私たちカギの救助隊福岡は、便利屋事業部として、くらしのお助け隊と言うものを運営していて、もともと水道の水漏れ修理は本業でやっていたので、他の水道工事屋さんには頼みませんでした。

くらしのお助け隊ページはこちら

 

さてこの後は、クローゼットの作りかえをしましたので、また後日紹介させていただきます。

カギの救助隊福岡の電話番号一覧